<   2010年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

SUMUSUMU4月号【保存版】相双ランチ最前線
好評につき品切れになっている場所多数で
大変ご迷惑お掛けしております。
4月号がまだ手に入らないという方・欲しいかた、バックナンバーが欲しい方等

SUMUSUMU編集部まで
氏名・住所・電話番号・欲しいSUMUSUMUのナンバーを明記の上御連絡下さい。

FAX:0240-23-7151
MAIL:sumusumu@futaba-estate.co.jp


今後のオススメイベントをお知らせ

その他4月・5月のイベント情報はコチラをチェック

編集部オススメイベント情報
[PR]
by sumu_cafe | 2010-04-20 09:31 | SUMUSUMU
お待たせいたしましたっっっ!!!!!


Wii 他総勢65名様へ当たる
  
  SUMUSUMU3周年記念プレゼント企画
 
            当選者発表

More
[PR]
by sumu_cafe | 2010-04-15 19:45 | SUMUSUMU
昨日のお昼無性にラーメンが食べたく
一人、事務所裏の浪江喜龍さんに・・・

単品のラーメンを頼もうと思いつつランチメニューに目をやると
ランチメニューに麺セットが登場♪

ラーメン+ハーフチャーハン+サラダ&中国茶のサービス付き ¥860
牛肉ラー湯麺(ぎゅうにくらーたんめん)、五目あんかけ麺、もやしあんかけ麺の3種の麺から選べます

続きを読む
[PR]
SUMUSUMU4月号の入稿も終わりほっと一安心
もうすぐ皆さんのお手元にお届けできるので
楽しみにお待ち下さいね。

SUMUSUMUを見なきゃ
春ははじまらない!?


4月号もランチ特集やイベント情報など読みごたえ充分な
”濃い”内容になっております!
お楽しみに♪


SUMUSUMU 4月号★イベント情報を一足先にご紹介します!!

地域ごとにご紹介しますので、お出かけの際は是非、足を運んでみて下さいっ!


4/8
イベント追記


続きはこちら
[PR]
by sumu_cafe | 2010-04-08 09:55 | SUMUSUMU
本日はお足元の悪い中、私めのブログにおアクセスいただきまして誠にありがとうございます。



最近は仕事が忙しくて海へも行けなくなってしまいましたが、

ボクは以前、10年以上もサーフィンを続けていました。

それこそ学生の頃には、頭の中が塩水でふやけるくらい毎日海へ通っていました。

続きはこちら
[PR]
新コーナ連載スタートにつき
短歌・俳句・川柳 ★募集★

HAPPYで楽しい♪思わずクスッと笑ってしまうような
短歌や俳句、川柳を募集しています!
季語などの難しい事は気にせず、型にとらわれない自由な
発想でドシドシご応募下さい♪

テーマは「こども」

短歌例) ばれぬよう 足で踏みつけ 500円 拾い舌うち こども銀行

SUMUSUMU5月号掲載作品・受賞作品にはなんと!

総額5000円分図書券を進呈!!


応募はコチラ


詳細はコチラ
[PR]
by sumu_cafe | 2010-04-06 13:52 | SUMUSUMU
ボクはNSSB(注①参照)に所属しています

NSSBでは最近、浪江町に50年前から伝わるという極太麺の焼そばを媒体にして、県内・外の人に浪江町を知っていただくためのPR活動をしています。

続きはこちら
[PR]
SUMUSUMUvol.38 少人数のスタッフで配っているので
まだ手元にない方もいらっしゃるかと思います。

安全運転かつ迅速にお届け出きるよう務めますのでご了承下さい。


さて、
SUMUSUMU4月号新連載が始まった
f0192767_10341165.jpg


こちらで紹介した店舗等の地図・詳細はこちらblogでご紹介致します。

気になった場所があった方は要チェックです!

詳細はコチラ
[PR]
by sumu_cafe | 2010-04-03 10:54 | SUMUSUMU
本日、出勤するとA編集長が神妙な顔で話しかけてきました。


「すみません支店長。ブログが最近とても不評なのでそろそろ支店長のコーナーはやめにしようと思うんです。。。。」


”かましょう”なんてニヤニヤしながら

「あんなアホみたいなブログ、早くやめるべきよね~」

と、学園ドラマに出てくるイジメッ子みたいに憎たらしい顔して悪態ついてます。

続きはこちら
[PR]
大人店長名誉挽回の新コーナー
SUMUSUMUでは御馴染みの「ゲンゲンさんの住宅ローン講座」
こちらのblogでも紹介していきます。
これまでのバックナンバーも随時更新しますのでお楽しみに。

「長期優良住宅」

人生で最大の買い物である住宅。新築してから取り壊すまでの寿命はイギリスでは77年、アメリカは55年、そして日本はわずか30年といわれています。
 これまでの日本では、右肩上がりの豊かな経済成長を背景に、作っては壊し、壊しては新しいものを作るという、大量生産・大量消費社会でした。住宅についても例外ではなく、既存の住宅を長持ちさせるより、新たに住宅を建築、購入するということが好まれてきたのです。その為に日本の住宅は諸外国と比べて短期間で取り壊されてしまうことが多かったため、寿命が短くなってしまっていました。ところがこれからの日本では、高齢化社会に突入して、人口、世帯数は減少し、また今までのような経済成長が見込めないことが予想されるため、これまでのような大量生産・大量消費という概念が変わりつつあります。これからの日本は、「いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う」という循環型の社会に変わりつつあるのです。

続きを読む
[PR]